【MT4】VQ・VQ2インジケーターで売買シグナルを表示

\無料インジケーターはこちら/

<h3″>VQとは

VQインジケーターをMT4で表示したところ

売買シグナルを矢印で表示

VQとは、チャート上に売買シグナルを表示する無料インジケーターです。

移動平均線と平均足をもとにしたロジックとなっており、手軽に利用できるうえパラメーターを変更することで通貨ペアや色々な場面に対応できることから、一時人気を博していました。

ところが、その後MT4がBuild700へバージョンアップした際、MQLの記述ルールが一部変わってしまったことで、VQが表示されなくなってしまいました。

そこで、既存のVQを現MT4へ対応させ、メインチャートへ表示するタイプのVQ2も使えるようにしました。ご自由にダウンロードしてください。

VQの設置方法

データフォルダを開く

MT4を起動し、「ファイル」メニューから「データフォルダを開く」をクリックします。

MT4を起動し、「ファイル」メニューから「データフォルダを開く」

インジケーターをコピー

フォルダが開くので、「MQL4」→「Indicators」へインジケーター「VQ.mq4」、「VQ2.mq4」をコピーしてください。その後、MT4をいったん終了し、再起動します。

「MQL4」→「Indicators」へインジケーター「VQ」をコピー

VQの使い方

パラメーターの設定

設定したい通貨ペアチャートを表示したら、ナビゲーターパネルのインディケータにある「VQ」をダブルクリックします。下記、パラメーターの入力が表示されます。

パラメーターの入力画面

パラメーターの設定

インジケーターの描画に関する設定は、上記4箇所。

計算する期間であるLengthの影響が最も大きく、Methodは移動平均の種類で、0 = SMA(単純移動平均線)、1 = EMA(指数平滑移動平均線)、2 = SMMA(平滑移動平均線)、3 = LWMA(加重移動平均線)を表し、Smootingは数値が大きくなるほどラインが滑らかに、Filterは値が大きくなるほどレンジ相場での反応が鈍くなります。

なお、Meghodに関して、初期値である3のLWMA(加重移動平均線)が反応速度もあり、安定しています。1のEMAはLWMAと同等の波形、2のSMMAは安定度が最も高い反面、反応が遅れます。0のSMAは、ややノイズが多く反応も遅いです。

VQインジケーターが表示された

VQのおすすめパラメーター

パラメーターの設定

VQインジケーターは、そのまま初期設定で使うよりも、通貨ペアや状況ごとにパラメーターを変更した方が使いやすくなります。

世界中の人がいろいろなパラメーターを使ってトレードし、検証してきました。

下記は一例ですが、いくつか紹介します。

ドル円(USD/JPY)

(4,2,4,1)、(5,3,2,5)、(2,3,3,3)

VQパラメータードル円(4,2,4,1)、(5,3,2,5)、(2,3,3,3)

ユーロドル(EUR/USD)

(5,3,1,3)

VQパラメーターユーロドル(5,3,1,3)

ユーロ円(EUR/JPY)

(5,3,1,2)、(5,3,1,3)

VQパラメーターユーロ円(5,3,1,2)、(5,3,1,3)

ポンド円(GBP/JPY)

(7,3,2,2)、(3,2,3,4)、(4,0,2,4)

VQパラメーターポンド円(7,3,2,2)、(3,2,3,4)、(4,0,2,4)

VQ2の使い方と活用方法

VQ2インジケーターが表示された

VQ2の適用

設定したい通貨ペアチャートを表示したら、ナビゲーターパネルのインディケータにある「VQ2」をダブルクリックします。

パラメーターは、VQにあったラインカラーのON/OFF設定がないだけで、あとは同じです。

VQ2のパラメーター

VQ2の活用方法

VQ2は、VQがメインチャートに描画されるインジケーターとなっています。

メインチャートと売買シグナルが同時に見れるので、他のインジケーターをサブウィンドウへ追加表示するときなどに重宝します。

その反面、複数のVQ2を設定すると1画面で同時表示されてしまい、VQのように並べて比較することは出ないので、自分が利用したいパラメーターの数値を決めてから、チャートへ適用すると良いでしょう。

VQ2だけでなくVQにも言えることですが、単独のインジケーターで勝つのは難しいため、売買シグナルを鵜呑みにするのではなく、他テクニカル分析と同時にサインが出たらエントリーするなど、複数組み合わせて判断するようにしましょう。

ドル円(USD/JPY)を同時表示した場合

(4,2,4,1)、(5,3,2,5)、(2,3,3,3)

VQ2を同時表示した場合

【動画】VQ1・VQ2インジケーターの導入と使い方

\無料インジケーターはこちら/

</h3″>

斉藤 学斉藤 学

斉藤 学

サラリーマンで働く傍ら、FXで独自の手法を開発して短期間のうちに50万円から6,900万円まで増やす。 その経験をもとに、扶桑社や成美堂出版から書籍6冊、パンローリングからDVD3本を出版。マネー雑誌への執筆やセミナー講師、投資関連ホームページやFXブログの運営、メールマガジンの発行を行っている。

一緒に読まれている記事

特集記事

無料メールマガジンはこちら

利用規約に同意のうえ、申し込みください。

MT4売買シグナルインジケーターの無料プレゼント

注目記事ランキング

  1. 1

    【月曜早朝から動く】サクソバンクレート・為替チャート

  2. 2

    【+3,102pips!】マネーパートナーズのFX売買シグナルと未来予測ツール

  3. 3

    【MT4】「Arrow Signal」売買シグナルインジケーター&特別ボーナス

  4. 4

    【勝率UP!】曜日や日・月別為替相場の動きでFXを見極める

  5. 5

    【未来チャート】ぱっと見テクニカルで未来予測ができるFXプライム byGMO

  6. 6

    【サンデーダウ】土日に動く中東レートの表示方法と見方も解説

  7. 7

    【暴露】FXで勝ちたければ、NYダウを見ろ!

  8. 8

    【MT4】チャート上に手書き&描画ツールインジケーター2選

  9. 9

    【FX・為替の1日】初心者が必ずチェックすべき時間別攻略法

  10. 10

    【無料】よく当たるFX為替レート予想のメールマガジン登録

おすすめFXトレード手法

  1. 【松井証券FX】乖離トレードの必勝パターンはこれ!比較ペアチャートと100円からできるFX

  2. 【GMOバイナリーオプション攻略法】期間限定で勝ち方を無料公開中!

  3. 【マーケットナビ】ヒロセ通商で本日の利食い・損切りが分かる!

  4. 【少額FX】たった4円でFXができるSBIFXトレード!

  5. 【MT4】「Arrow Signal」売買シグナルインジケーター&特別ボーナス

  6. 【FX自動売買】底と天井で売買するFXブロードネットのトラッキングトレード

  7. 【LINE FX】初心者でもできるラインが提供するFX!

MT4 FX無料攻略法 特集記事
  1. 【MT4】インジケーターと自動売買を解説

  2. 【MT4】MetaTrader4を活用する4つの方法

  3. 【MT4】大損したFX自動売買のEAにブチ切れ!

  4. 【MT4】「sign_alert」シグナルアラートやメール送信をしてくれるインジケーター

  5. 【OANDAオーダーブック】ポジションと注文比率で「損切り予備軍」が分かる!

  6. 【MT4】VQ・VQ2インジケーターで売買シグナルを表示

  1. 【FX自動売買】底と天井で売買するFXブロードネットのトラッキングトレード

  2. 【松井証券FX】乖離トレードの必勝パターンはこれ!比較ペアチャートと100円からできるFX

  3. 【マーケットナビ】ヒロセ通商で本日の利食い・損切りが分かる!

  4. 【LINE FX】初心者でもできるラインが提供するFX!

  5. 【MT4】「Arrow Signal」売買シグナルインジケーター&特別ボーナス

  6. 【少額FX】たった4円でFXができるSBIFXトレード!

  1. 【月曜早朝から動く】サクソバンクレート・為替チャート

  2. 【MT4】MQLプログラミング超初心者入門

  3. 【勝率UP!】曜日や日・月別為替相場の動きでFXを見極める

  4. 【暴露】FXで勝ちたければ、NYダウを見ろ!

  5. 【暴露】エリオット波動は使えない、詐欺師のインチキテクニカル分析

  6. 【暴露】フィボナッチはインチキ、トレードで勝てない理由を解説

・現在の閲覧者数:5