2023年12月11日のFX為替予想はこちら

2023年 FX攻略法ランキング

初心者でも勝てるFX攻略法とマル秘レポートを期間限定(~12月31日)で無料公開中。

公式サイトドル円ユーロ円ポンド円豪ドル円ユーロドルスワップ
1位 マネーパートナーズ
(原則固定・例外あり)※
0.0銭0.0銭0.0銭0.0銭0.1pips普通
2位 FXTF
(国内MT4・例外あり)
0.1銭0.4銭0.7銭0.4銭0.2pips普通
3位 LIGHT FX
(原則固定&高スワップ)
0.2銭0.4銭0.9銭0.6銭0.3pips高い
GMOクリック証券
(原則固定・例外あり)
0.2銭0.5銭0.9銭0.6銭0.4pipsやや高い
ヒロセ通商
(54種類の通貨ペア)
0.2銭0.4銭0.9銭0.6銭0.3pips普通
FXブロードネット
(全員プレゼントあり)
0.2銭0.5銭1.0銭0.6銭0.3pipsやや高い
DMM FX
(取引ポイント制)
0.2銭0.5銭1.0銭0.7銭0.3pips買=売
松井証券FX
(原則固定・例外あり)
0.2銭0.5銭1.1銭0.7銭0.4pips高い
外為オンライン
(原則固定)
0.9銭1.9銭3.4銭3.2銭1.4pips高い
マネースクウェア
(トラリピが使える)
4銭5銭4銭6銭5pips普通

※米ドル円:5万通貨まで(5月29日~8月31日)ユーロ円、豪ドル円、ユーロドル:1万通貨までポンド円:5,000通貨まで南アランド円:3万通貨まで

\13,000円無料&最大100万円ボーナス/
よく当たるFX予想メルマガ
メールアドレス
\お得な情報を毎日配信中!/
※下記利用規約に同意のうえ、申し込みください。
1.メルマガへの登録を希望する場合、「登録」ボタンの押下で登録申し込みをするものとします。
2.登録アドレスに対し、当メルマガを配信できるものとします。
3.メルマガの内容の信頼性、正確性又は合法性等について、一切の責任を負いません。
※当ページのリンクには広告が含まれています

【一目均衡表】多彩な分析方法で初心者からプロまで活用!

テクニカル分析

一目均衡表とは

一目均衡表

一目均衡表は、新聞記者だった細田悟一氏が1936年に一目山人(いちもくさんじん)というペンネームで発表した日本発のテクニカル分析です。

買いと売りの均衡が破れた方へ相場が動くというのが一目で分かることから、一目均衡表と名づけられました。

一目均衡表では、基準線(9日)、転換線(26日)、遅行スパン、先行スパン1(52日)、先行スパン2(52日)の5つのラインが用いられます。

また、先行スパン1と先行スパン2の間を「雲」と呼び、この雲がサポートやレジスタンスの価格帯を表します。

基準線

過去26日間の平均上昇幅を表した線で、文字通り「基準となる線」。
基準線の方向を見て、基準線が上向けば買い。下向けば売りとされます。
計算式=(26日間最高値+26日間最安値)÷2

転換線

過去9日間の平均上昇幅で、転換線が基準線を上向けば買い、下抜ければ売りとされます。
トレンドが転換した初期段階では基準線が下値支持線なのですが、トレンドが強くなってくると、この転換線が下値支持線となります。
計算式=(9日間最高値+9日間最安値)÷2

遅行スパン

現在動いているローソク足の終値を、26個前のロウソク足にそのまま記入した線です。

現在の価格が、26日前よりも上がっているのか下がっているのかが分かります。遅行スパンが現在価格(日々線)より下にある場合は売り、現在価格(日々線)より上にあれば買いと判断します。

その日の終値を26日遅行させて表示。

雲(先行スパン1、先行スパン2)

先行スパン1 と先行スパン2は、雲を形成するのに使われます。この雲が、サポートやレジスタンスの価格帯を表しています。

先行スパン1・・・基準線と転換線の中値を26日先行させて表示。
先行スパン2・・・過去52日間の最高値と最安値を単純平均し、26日先行させる。

一目均衡表の判断方法

一目均衡表には、はっきりした見方や明確なシグナルはなく、無数にある買い(売り)シグナルを組み合わせて自分で判断する必要があります。

まず最初は、チャート上の雲に着目し、この雲を元にサポートやレジスタンスの価格を考えます。

そして、為替がこの雲ではじき返されるのか、下抜けてしまうのかを視覚的に確認してみましょう。

また、雲が薄くなっている部分や切れ目となっているところは為替相場の転換点になりやすく、価格の乱高下が激しくなる可能性があるので、注意が必要です。

【売買判断】
・転換線が基準線を上に抜けると買い、下に抜けると売りとされる
・遅行スパンが「雲」を上抜けば買い、下抜けば売り
・チャートが「雲」を上抜けば買い、下抜けば売り
・ローソク足が雲の上にあると上昇トレンド(雲が下値支持線に)
・ローソク足が雲の下にあると下降トレンド(雲が上値抵抗線に)
・「雲」が薄くなっている部分や切れ目は転換を示唆

「三役好転」と「三役逆転」

その他、「三役好転」や「三役逆転」といったサインもあります。

【三役好転】
一目均衡表の中で最も買いに適したサインで、以下の3つのサインが同時に出た場合を言います。

①転換線が基準線を上抜ける
②ローソク足が雲を上抜ける
③遅行線がローソク足を上抜ける

【三役逆転】
三役好転とは逆に、最も売りに適したサインで、以下の3つのサインが同時に出た場合のことを指します。

①転換線が基準線を下抜ける
②ローソク足が雲を下抜ける
③遅行線がローソク足を下抜ける

斉藤 学

斉藤 学

サラリーマンで働く傍ら、FXで独自の手法を開発して短期間のうちに50万円から6,900万円まで増やす。 その経験をもとに、扶桑社や成美堂出版から書籍6冊、パンローリングからDVD3本を出版。マネー雑誌への執筆やセミナー講師、投資関連ホームページやFXブログの運営、メールマガジンの発行を行っている。

一緒に読まれている記事

FX初心者おすすめ

MT4売買シグナルインジケーターの無料プレゼント

MT4自動売買EAサイバードラゴン無料プレゼント

~無料プレゼント&サポート~
LINE@登録でMT4インジケーター友だち追加

おすすめFX無料攻略法

  1. 【FX売買シグナル】なんと+3,102pips獲得したマネーパートナーズの未来予測

  2. 【マーケットナビ】ヒロセ通商で本日の利食い・損切りが分かる!

  3. 【XM(XMTrading)】AI(人工知能)搭載MT4売買シグナル「Arrow Signal」インジケーター

  4. 【松井証券FX】乖離トレードの必勝パターンはこれ!比較ペアチャートと100円からできるFX

  5. 【バイナリーオプション攻略法】全勝!+497,363円の利益が出た手法とは?

  6. 【FX自動売買】底と天井で売買するFXブロードネットのトラッキングトレード

注目記事ランキング

  1. 1

    【サクソバンクチャート】月曜日の早朝から動く為替レート

  2. 2

    【FX売買シグナル】なんと+3,102pips獲得したマネーパートナーズの未来予測

  3. 3

    【サンデーダウ】土日に動く中東レートの表示方法と見方を解説

  4. 4

    【MT4】チャート上に手書き&描画ツールインジケーター2選

  5. 5

    【勝率UP!】曜日や日・月別為替相場の動きでFXを見極める

  6. 6

    【XM(XMTrading)】AI(人工知能)搭載MT4売買シグナル「Arrow Signal」インジケーター

  7. 7

    【MT4】「sign_alert」シグナルアラートやメール送信をしてくれるインジケーター

  8. 8

    【暴露】FXで勝ちたければ、NYダウを見ろ!

  9. 9

    【マーケットナビ】ヒロセ通商で本日の利食い・損切りが分かる!

  10. 10

    【暴露】フィボナッチはインチキ、トレードで勝てない理由を解説

・現在の閲覧者数:4
TOP