来週のFX予想(2024年4月15日~4月19日)

まぐまぐ!殿堂入りメルマガ

メールアドレス
\お得な情報を毎日配信中!/
※下記利用規約に同意のうえ、申し込みください。
1.メルマガへの登録を希望する場合、「登録」ボタンの押下で登録申し込みをするものとします。
2.登録アドレスに対し、当メルマガを配信できるものとします。
3.メルマガの内容の信頼性、正確性又は合法性等について、一切の責任を負いません。
※当ページのリンクには広告が含まれています

【暴露】エリオット波動は使えない、詐欺のインチキテクニカル分析

FX応用
エリオット波動は使えない

チャート上にエリオット波動を見つけた!?

NYダウとドル円の日足1年分を並べたチャート

エリオット波動は使えない
  1. 実際にエリオット波動を探すとなかなか見つからない
  2. 質問しても「あなたは勉強不足」と言われる
  3. 多くのチャートがエリオット波動を示していない
  4. チャートにパターンはない
  5. 説明されても実際はただのこじつけ
  6. 人によって解説が異なるから「何でもあり」になっている
  7. 「波動」は存在しない、ただの中二病
  8. どんなチャートも説明できてしまうインチキ理論
  9. 過去に流行ったあと廃れ、今は情報商材のネタ
  10. 情報商材や有料サロンで利用され、騙される人が増えてきた

上昇5波と下降3波のチャート

相場にはいわゆる波動パターンがあり、上昇5波(推進5波)と下降3波(修正3波)で構成されている、という主張が、エリオット波動です。

細かく見ると1~5波とa~c波、フィボナッチ数列を取り入れたサイクル理論などがあるのですが、簡単に言うと3段上げの2段下落といった認識でよいでしょう。

下のチャートを見てください。

NYダウとドル円の日足1年分を並べたチャート

上昇5波の特徴

第1波=小動きだが、次第に方向性が出てくる
第2波=第1波の大半を打ち消す反対方向の動き
第3波=強く長い動きで第1波を上回る
第4波=複雑な動きで高値持ち合いに近い
第5波=スピードと勢いをもったバブル的な急騰

このチャートを見ると、上昇5波と下降3波のエリオット波動が、明確に表れています。

言われてみれば、第2波の下落は第1波の上昇を完全に打ち消すようなことはないですし、上昇5波に関する下記のような特徴も見られます。

「素晴らしい!これでマーケットのパターンが掴めたぞ」とあなたは思うかもしれません。

でも、ちょっと待ってください

実は、このチャートをキャプチャするまで、時間足を変更したり日付を変えたりして15分くらいかかっています。なぜなら、実際には上昇5波と下降3波のセットはあまり見られず、見栄えの良いチャートを探すとなるとけっこう大変だからです。

みなさんも、試しに一度上昇5波と下降3波のチャートを探してみてください。他人に説明すると想定してチャートを探してみると、おそらくかなり時間がかかるはずです。

よく、チャート上のエリオット波動を分析している場面に出くわしますが、実際にはそれほど出て来ず、時間をかけてかなりチャートを調べてみないと見つからないということが分かるでしょう。

ということは、エリオット波動分析をするにはエリオット波動のように見えるチャートを選んで探す必要があり、本来と順番が逆になってしまうので本末転倒ということになります。

実はエリオット波動チャートを探す方が大変

エリオット波動の真相とは?

名前のないチャート

理論になっておらず、全く使えない

上のチャートを見てください。よくあるチャートですが、エリオット波動は出ていません。なんの波動も見られないです。このチャートに限らず、エリオット波動が見られないチャートの方が多いのが実態です。

みなさんも、チャートを開いてエリオット波動を探してみてください。仮に見つけたとしても、時間足を変えたり表示期間を変えたりして調整したはずです。エリオット波動を学びさっそく使ってみようと思っても、実際にはチャート上にエリオット波動が出ていないことが多いため驚くと思います。

エリオット波動は上昇5波と下降3波がキモなのに、一生懸命探さないとそのチャートが出て来ない…それって、全然理論になってないですよね(汗)

なぜ、このようにエリオット波動を描いたチャートが見つからないのかと言うと、「相場は、上昇5波と下降3波になっているときもあれば、なっていないときもある」からです。波の上下を見て判断するなら、上昇5波と下降3波以外にも、上昇4波と下降2波とか上昇7波と下降4波とか探せばありますし、それだと何でもありの理論になります。

こう言うと、「いや、あんたの見方が間違っているんだ」と主張する人もいますが、そうするといったいどれが正しいエリオット波動の探し方なのでしょう?

トレーダーによってエリオット波動の探し方は様々ですし、見方や分析も人それぞれ。「何でもありの理論」という点は変わらないはずです。

すでに見放された理論

そもそもエリオット波動は、その理論が出た当初は注目されず、数十年たってから「こんなのがあった!」と発掘された代物なのです。

「相場には波動と呼ばれる波があって、上昇5波と下降3波に基づいて動いている」という話を信じた投資家はことあるごとに全滅し、1929年の大暴落でついに息絶えたというのが実態です。

そして、何十年も経ってその惨劇が忘れられたころ、新しく参入した投資家たちが見つけた騒ぎ出した、というだけの話です。最近では、情報商材や有料サロンでネタとして使われることも増えてきました。

チャート上に波動は存在しない

下降9波&推進波のダマシ

神秘でも何でもない

「波動」と聞くと神秘的な印象を受け、チャートには何らかの神聖な力が反映されているのではないか、と思う人もいるかもしれませんが、そんなものは存在しません。

ただの「中二病」(思春期特有の思想・行動・価値観が過剰に発現した病態)です。

実際のチャートには、エリオット波動のようなきれいな波はほとんど見られず、下記のように下降9波&推進波のダマシや、名前を付けることができない、特に意味をなさない形が多いです。

このチャートなども説明のつかないパターンで、むしろエリオット波動のパターンに当てはまらないパターンの方が豊富に存在します。

簡単に言うと、どんなチャートでもこじつけでエリオット波動にしているインチキ理論、ということです。

チャートにパターンは存在しません。それが、さもあるように情報商材にして販売したり、有料サロンを運営しているようなトレーダーがいますから、注意してください。

質問や疑問を投げかけてもこじつけ理論が返ってくるだけで、ひどいときには「勉強不足」で一蹴されますが、そもそもエリオット波動は存在していないので、勉強もヘッタクレもないです。

どんな波でも、こじつけでエリオット波動にしている

エリオット波動の使い道

MT4でエリオット波動を表示してみよう

ここまでエリオット波動について批判してきましたが、全く役に立たないというわけではありません。なぜなら、少なからずエリオット波動を信じているトレーダーがおり、彼らがそこで売買しようとするため多少値動きが左右されるからです。

インチキテクニカル分析とはいえ、薄商いの時など少人数でも影響力が出るような場合は、多少はエリオット波動のような動きを見せます。通常時は、逆張りとして使うと良いでしょう。

ここでは、MT4上でエリオット波動を表示する方法を紹介します。

色々なエリオット波動インジケーターに当たってみたのですが、大元の理論がインチキなので、しっかりエリオット波動を表示してくれるインジケーターは見当たりませんでした。

Webサイトによっては、「MT4では正確なカウントができるエリオット波動インジケーターはない」と結論付けているところもあります

その部分に関しては、MT4に最初から入っているZIgZagインジケーターを使ってエリオット波動を表示すると少しはましになるので、表示方法を紹介します。

ZigZagインジケーターは高値や安値をラインで結ぶインジケーターで、相場の流れを読むために使います。ZigZagインジケーターを使って引かれたラインを使えば、チャート上の波動を比較的簡単に探すことができます。

MT4でZigZagを表示する

MT4でZigZagを表示

MT4を起動し、ナビゲーターパネルを表示します。

インディケータを展開すると一番下にZigZagが表示されるので、ダブルクリックしてください。

ZigZagのパラメーターを設定

ZigZagのパラメーター設定

Depthは山・谷の表示で、数値を大きくすると山・谷の表示は大きく、小さくすると山・谷は細かく表示されます。Deviationは、山と谷の転換率が設定できます。Backstepは、山と谷が反転するのに判断する期間です。

ZigZagの形状が変化するのは一番上のDepthで、他の数値は変更してもほとんど影響ないので、ZigZagを使う場合はDepthの数値を色々変化させてみてください。

ZigZagが表示された

ZigZagが表示

上のチャートは、ZigZagのデフォルトのパラメーターをチャートに適用した状態です。

初期設定でも波動は出ますが、波の間隔が大きいためチャートの時間を長めに取らないと分析できません。

パラメーター変更で波動っぽく見える

波動っぽいものが出た

こちらのチャートは、パラメーターを変更したチャートです。Depthが山・谷の設定になるので、初期値である12から5へ変更し、山・谷を細かく表示してみました。

このように、ZigZagのパラメーターを変更することによって、エリオット波動を見つけやすくすることが可能です。

とはいえ、そんなことをしないとチャート上にエリオット波動が出ないのであれば本末転倒で、やはりエリオット波動は存在しないということになります。

エリオット波動は、あくまで占い程度に利用していただければと思います

エリオット波動について

エリオット波動の理論

エリオット波動とは、もともとは会計士だった株式アナリストのラルフ・ネルソン・エリオット(1871年~1947年)が提唱した理論です。

「相場にはサイクルがあり、値動きには一定のリズムがある」とし、大波動の波「サイクル」のなかに、「プライマリー」と呼ばれる上昇5波があったり、その細部にもまた「インターミディエート」という小波動があったりすると述べました。

エリオット波動のもっとも長いものは「ミレニアムサイクル」(千年周期)と呼ばれ、次に数十年から100年前後の「グランド・スーパー・サイクル」、小さいものだと「サブミニュエット」と呼ばれる数時間周期の小波動まで、9つの波に分類されています。

エリオット波動の大先生と信者のみなさんには、ぜひ1,000年(サイクルミレニアムサイクル)を証明してほしいです(笑)

波動の規模

ミレニアムサイクル・・・1,000年
グランドスーパーサイクル・・・100年
スーパーサイクル・・・50年
サイクル・・・10年
プライマリー・・・3~5年
インターミディエット・・・30週~50週
マイナー・・・10週
ミニュット・・・3~5週
ミニュエット・・・数十時間
サブミニュエット・・・数時間

フィボナッチ数列とも関連性あり

また、各パターンはフィボナッチ数列と深い関係があるとし、自然界の減少に数多く存在するフィボナッチの法則が、市場参加者の心理にも如実に表されているとしたことも特徴です。

著書に『波動原理』と『自然の法則 宇宙の神秘』があり、当初は広く認められてはいませんでしたが、彼の死後に投資家のA.ハミルトン・ボルトン氏やロバート・プレクター氏が書籍などで広く普及たことで、ようやく認知されるようになりました。

とはいえ、理論として断言するには大げさすぎ、占いや余興程度に利用すればよく、本を買ってわざわざ勉強する価値はないです。

エリオット波動のインチキをFXで勝つコツとして活かすなら、「チャートは上下の波で動くが、パターンは存在しない」といったところでしょう。

【動画】フィボナッチ&エリオット波動は嘘

仮想通貨アクアナイトのチャートについて、誰一人として説明できませんでした

いつでも、挑戦者を募集しています。

【動画】エリオット波動信者は閲覧注意

【動画】FXテクニカル分析のインチキを暴く

斉藤 学

斉藤 学

サラリーマンで働く傍ら、FXで独自の手法を開発して短期間のうちに50万円から6,900万円まで増やす。 その経験をもとに、扶桑社や成美堂出版から書籍6冊、パンローリングからDVD3本を出版。マネー雑誌への執筆やセミナー講師、投資関連ホームページやFXブログの運営、メールマガジンの発行を行っている。

一緒に読まれている記事

FX初心者おすすめ

サイバーシグナルインジケーターと8大特典プレゼント

MT4自動売買EAサイバードラゴン無料プレゼント

MT4自動売買EAサイバーラッシュ無料プレゼント

~無料プレゼント&サポート~
LINE@登録でMT4インジケーター友だち追加

おすすめFX無料攻略法

  1. 【AI(人工知能)】売買サインをお知らせ、LIGHT FXのテキストマイニングと機械学習

  2. 【FX売買シグナル】なんと+3,102pips獲得したマネーパートナーズの未来予測

  3. 【バイナリーオプション攻略法】全勝!+497,363円の利益が出た手法とは?

  4. 【FX自動売買】底と天井で売買するFXブロードネットのトラッキングトレード

  5. 【国内MT4】スプレッド最狭水準のFXTFでMT4トレードしてみよう

  6. 【150以上の取引通貨ペア!】サクソバンク証券のFX

  7. 【松井証券FX】乖離トレードの必勝パターンはこれ!比較ペアチャートと100円からできるFX

注目記事ランキング

  1. 1

    【サクソバンクチャート】月曜日の早朝から動く為替レート

  2. 2

    【MT4】チャート上に手書き&描画ツールインジケーター2選

  3. 3

    【FX売買シグナル】なんと+3,102pips獲得したマネーパートナーズの未来予測

  4. 4

    【サンデーダウ】土日に動く中東レートの表示方法と見方を解説

  5. 5

    保護中: 【勝率UP!】曜日や日・月別為替相場の動きでFXを見極める

  6. 6

    【MT4】「sign_alert」シグナルアラートやメール送信をしてくれるインジケーター

  7. 7

    【暴露】FXで勝ちたければ、NYダウを見ろ!

  8. 8

    【暴露】フィボナッチはインチキ、トレードで勝てない理由を解説

  9. 9

    【原油・金】WTIとゴールドの商品レート一覧と見やすいチャート

  10. 10

    【マーケットナビ】ヒロセ通商で本日の利食い・損切りが分かる!

・現在の閲覧者数:4
TOP