【OANDAオーダーブック】ポジションと注文比率で「損切り予備軍」が分かる!

OANDAオーダーブックの簡単な見方

OANDAオーダーブック(過去24時間)

 

【オープンオーダー】 オレンジ:指値注文、青:逆指値注文
【オープンポジション】 オレンジ:含み益、青:塩漬け

OANDAのオーダーブックとは

トレーダーのポジションと注文状況が分かる

OANDAのオーダーブックは、OANDAグループの顧客の取引状況を公開したデータです。

このように取引状況を公開しているFX業者は日本国内に多くありますが、いずれも自社内のトレーダーの情報のみとなっているため、やや正確性に欠けます。

一方、OANDAグループは世界中に多くの顧客を持っており、それらすべての情報が利用されています。つまり、現在FXトレードしている人のおおまかな状況と見てよいと思われます。少なくとも、日本のFX業者よりは正確性が高いです。

OANDAでは「オーダーブック」というツールでトレーダーの取引情報を公開しており、トレーダーの未約定オーダーの価格水準、割合を公開した「オープンオーダー」と、保有中のポジションの取得価格の水準、割合を公開した「オープンポジション」の2種類のデータを見ることができます。

\独自のインジケーターが使える!/

OANDAのオープンオーダー

OANDAのオープンオーダーの見方

トレーダーの注文をグラフ化

縦軸を価格とし、どの水準にどのくらいのオーダー(注文)が入っているかを横棒グラフで示しています。表示単位は%表示で、右側に買いオーダー、左側に売りオーダーが表示。

ここで言うオーダーとは、新規の指値・逆指値のほか、決済の指値・逆指値の4種類のことになります。

このオープンオーダーを見ると、どの水準にオーダーが多いかでトレーダーが注目している価格水準を簡単にチェックすることができるので、サポートやレジスタンスになりそうな水準が分かり、エントリーや決算の水準を考える際に重宝できるというわけです。

OANDAのオープンオーダー

とはいえ、指値と逆指値が混ざっていて複雑、ちょっと分かりづらい・・・、と思った場合は、下記のように見てください。簡潔にまとめると、右側に買い注文、左側に売り注文が貯まっていると判断すればよいのです。

OANDAオープンオーダーの基本的な構造

これを踏まえれば、仮にこれからレートが上がっていく場合、下記のように買い注文が厚めなレート売り注文が厚めなレートを見ることができます。

注文の厚いレート

OANDAのオープンポジション

OANDAオープンポジションの見方

トレーダーの保有ポジションをグラフ化

こちらは、現在トレーダーが保有しているポジションのグラフ。縦軸を価格とし、顧客のポジションの割合を横棒グラフで表示しています。

右側に買いポジション、左側に売りポジションをそれぞれ表示しているので、トレーダーがどの水準にどのくらいポジションを持っているのかを一目でチェックできます。

ポジションが売買のいずれに偏っているか、利益が出てきて余裕があるトレーダー、含み損が出ており、苦しくなっているトレーダーは売買いずれのポジションを保有しているトレーダーに多いのかを探ることができます。

つまり、トレーダーの心理状態を読み取ることができるので、その後どのような注文が出やすいかを予測することが可能になっています。

注目すべきは、「含み損を抱えたポジションがどこに溜まっているか」で、自分の予想と逆にレートが動いた場合、それ以上の損失拡大を避けるため損切りする動きが出てきます。そうすると、いつも以上にボラティリティが高くなり値幅も狙えるので、そのような価格帯を事前にチェックしておけば、スキャルピングやデイトレードにも役立てることができるでしょう。

OANDAのオープンポジション

\独自のインジケーターが使える!/

含み損を抱えたポジションに注目

含み損を抱えたポジションに注目

損切り予備軍はどこにいる?

上述したように、OANDAのオープンポジションを見る際に特に注目すべきは、「含み損を抱えたポジションがどこに溜まっているか?」です。 なぜなら、損切り注文が多く出る局面で相場が大きく動く可能性が高まるからです。

例えば、上のような局面の場合。右上の青い横棒グラフ、108.95銭に買い方が持っている含み損の買いポジションが貯まっています。

そうなると、例えレートが上昇しても含み損ポジションを持っているトレーダーからは「やれやれ」と決済の売りが出てくるため、戻り売りが出やすいことになります。

もし、それまで下落基調が続いているようなら、売り遅れたトレーダーから新規の売り注文が入りやすいポイントと考えることもできます。

逆に、下がった場合、左下の青い横棒グラフ、108.75銭に売り方の含み損の売り注文が貯まっているので、売り方としてはようやくポジションを買い戻すことができます。

すると、レートは反発しやすくなり、買い遅れたトレーダーによる押し目買いの入りやすいレート、底堅い状態が続く水準となります。

レンジ相場の判断とその動向

レンジ相場も分かる

また、一定のレンジ相場が続くとそのレンジ内にポジションが集中するので、上の図のようになります。

つまり、現在のようにやや固まった範囲、108円台後半から109円にかけて注文が貯まっているような状態は、どちらかというとレンジ相場を示唆しています。

実際、ここ2週間ほどドル円の水準は変わっていませんから、いま判断するとしたらレンジ相場、このまま108円台後半をサポートするのか、それとも下抜けてしまうのかの分かれ目、ということになります。

買いポジション保有者は価格が上がると考えポジションを保有、売りポジション保有者は価格が下がると考えポジションを保有していて、その力が均衡しているような状態です。 価格が上がれば、買いポジション保有者はホールド、売りポジション所有者は損切りを検討します。

逆に、価格が下落した場合は、売りポジション保有者はそのままホールド、買いポジション保有者は損切りを検討することになります。つまり、どちらかへ動く場面でボラティリティが高まる、ということも分かるのです。

MT4オーダーブックインジケーターの入れ方

マイページにログイン

ログインIDとパスワードを入力し、OANDAのマイページへログインします。

オーダーブックインジケーターのダウンロード

マイページを一番下へスクロールすると、オーダーブックインジケーターをダウンロードすることができます。

MT4だけでなく、MT5用も準備されています。

MT4のデータフォルダを開く

ダウンロードしたインジケーターをMT4へ入れるため、MT4の「メニュー」から、「データフォルダを開く」を選びます。

インジケーターとライブラリへコピー

インジケーターの「OANDA_Orderbook3.ex4」を、MQL4フォルダ下の「Indicators」フォルダへコピーします。

外部データを引っ張ってくることになるため、インジケーターと一緒にダウンロードされる「oanda_token.txt」と「y20-fxlabs.dll」を「Libraries」フォルダへコピーしてください。

インジケーターを適用する

MT4を再起動し、ナビゲーターパネルにある「OANDA_Orderbook3」をダブルクリックします。

DLLの使用を許可する

プロパティで、「DLLの使用を許可する」にチェックを入れてOKします。

DLLとはDynamic Link Libraryの略で、外部のプログラムライブラリを使用して機能を拡張することができます。

オーダーブックインジケーターが適用

オーダーブックインジケーターが適用されました。

MT4オーダーブックインジケーターの使い方

厚い売り注文を上抜けできず

まず、チャート左上を見てください。

ドル円へ買いが入り上昇していきましたが、高値の厚い売り注文を超えられず、上値を阻まれました。その後売りに転じたことで、さらに売り注文が貯まっていることがオレンジ色の横棒グラフで表されています。

厚い売り注文を上抜けできず

買い注文の貯まったところで下げ止まる

そうなった場合、下値目途は買い注文の貯まり具合を見れば分かります。

チャート右下で買い注文に支えられ下げ止まったあと、売り注文の薄い部分を上昇していることが分かります。

このように、注文状況の厚い部分に着目すれば、サポート・レジスタンスラインとなる位置を把握することができます。

買い注文の貯まったところで下げ止まった

インジケーターのラインに注目

横棒グラフがたくさんあって分かりづらい場合は、インジケーターがサポートラインとレジスタンスラインを引いているので、そのラインを目安にしてみてください。下の写真では、分かりやすく赤い太線で示しました。

最初は、このサポート・レジスタンスラインを参考にするだけでも十分役立ちます。

インジケーターのサポートラインとレジスタンスラインに注目

【動画】OANDAオーダーブックの使い方とMT4インジケーター

\独自のインジケーターが使える!/
斉藤 学斉藤 学

斉藤 学

サラリーマンで働く傍ら、FXで独自の手法を開発して短期間のうちに50万円から6,900万円まで増やす。 その経験をもとに、扶桑社や成美堂出版から書籍6冊、パンローリングからDVD3本を出版。マネー雑誌への執筆やセミナー講師、投資関連ホームページやFXブログの運営、メールマガジンの発行を行っている。

一緒に読まれている記事

特集記事

無料メールマガジンはこちら

利用規約に同意のうえ、申し込みください。

MT4売買シグナルインジケーターの無料プレゼント

注目記事ランキング

  1. 1

    【月曜早朝から動く】サクソバンクレート・為替チャート

  2. 2

    【+3,102pips!】マネーパートナーズのFX売買シグナルと未来予測ツール

  3. 3

    【MT4】「Arrow Signal」売買シグナルインジケーター&特別ボーナス

  4. 4

    【勝率UP!】曜日や日・月別為替相場の動きでFXを見極める

  5. 5

    【未来チャート】ぱっと見テクニカルで未来予測ができるFXプライム byGMO

  6. 6

    【サンデーダウ】土日に動く中東レートの表示方法と見方も解説

  7. 7

    【暴露】FXで勝ちたければ、NYダウを見ろ!

  8. 8

    【MT4】チャート上に手書き&描画ツールインジケーター2選

  9. 9

    【FX・為替の1日】初心者が必ずチェックすべき時間別攻略法

  10. 10

    【無料】よく当たるFX為替レート予想のメールマガジン登録

おすすめFXトレード手法

  1. 【+3,102pips!】マネーパートナーズのFX売買シグナルと未来予測ツール

  2. 【松井証券FX】乖離トレードの必勝パターンはこれ!比較ペアチャートと100円からできるFX

  3. 【GMOバイナリーオプション攻略法】期間限定で勝ち方を無料公開中!

  4. 【マーケットナビ】ヒロセ通商で本日の利食い・損切りが分かる!

  5. 【LINE FX】初心者でもできるラインが提供するFX!

  6. 【少額FX】たった4円でFXができるSBIFXトレード!

  7. 【FX自動売買】底と天井で売買するFXブロードネットのトラッキングトレード

MT4 FX無料攻略法 特集記事
  1. 【MT4】インジケーターと自動売買を解説

  2. 【MT4】MetaTrader4を活用する4つの方法

  3. 【MT4】大損したFX自動売買のEAにブチ切れ!

  4. 【MT4】「sign_alert」シグナルアラートやメール送信をしてくれるインジケーター

  5. 【OANDAオーダーブック】ポジションと注文比率で「損切り予備軍」が分かる!

  6. 【MT4】VQ・VQ2インジケーターで売買シグナルを表示

  1. 【FX自動売買】底と天井で売買するFXブロードネットのトラッキングトレード

  2. 【松井証券FX】乖離トレードの必勝パターンはこれ!比較ペアチャートと100円からできるFX

  3. 【マーケットナビ】ヒロセ通商で本日の利食い・損切りが分かる!

  4. 【LINE FX】初心者でもできるラインが提供するFX!

  5. 【MT4】「Arrow Signal」売買シグナルインジケーター&特別ボーナス

  6. 【少額FX】たった4円でFXができるSBIFXトレード!

  1. 【月曜早朝から動く】サクソバンクレート・為替チャート

  2. 【MT4】MQLプログラミング超初心者入門

  3. 【勝率UP!】曜日や日・月別為替相場の動きでFXを見極める

  4. 【暴露】FXで勝ちたければ、NYダウを見ろ!

  5. 【暴露】エリオット波動は使えない、詐欺師のインチキテクニカル分析

  6. 【暴露】フィボナッチはインチキ、トレードで勝てない理由を解説

・現在の閲覧者数:4