2024年2月23日のFX為替予想はこちら

2024年 FX攻略法ランキング

初心者でも勝てるFX攻略法とマル秘レポートを期間限定(~2月29日)で無料公開中。

公式サイトドル円ユーロ円ポンド円豪ドル円ユーロドルスワップ
1位 マネーパートナーズ
(原則固定・例外あり)※
0.0銭0.0銭0.0銭0.0銭0.1pips普通
2位 FXTF
(国内MT4・例外あり)
0.1銭0.4銭0.7銭0.4銭0.2pips普通
3位 LIGHT FX
(原則固定&高スワップ)
0.2銭0.4銭0.9銭0.6銭0.3pips高い
GMOクリック証券
(原則固定・例外あり)
0.2銭0.4銭0.9銭0.5銭0.3pipsやや高い
ヒロセ通商
(54種類の通貨ペア)
0.2銭0.4銭0.9銭0.6銭0.3pips普通
FXブロードネット
(全員プレゼントあり)
0.2銭0.5銭1.0銭0.6銭0.3pipsやや高い
DMM FX
(取引ポイント制)
0.2銭0.5銭1.0銭0.7銭0.3pips買=売
松井証券FX
(原則固定・例外あり)
0.2銭0.5銭1.1銭0.7銭0.4pips高い
外為オンライン
(原則固定)
0.9銭1.9銭3.4銭3.2銭1.4pips高い
マネースクウェア
(トラリピが使える)
4銭5銭4銭6銭5pips普通

※米ドル円:5万通貨まで(5月29日~8月31日)ユーロ円、豪ドル円、ユーロドル:1万通貨までポンド円:5,000通貨まで南アランド円:3万通貨まで

\13,000円無料&最大100万円ボーナス/
よく当たるFX予想メルマガ
メールアドレス
\お得な情報を毎日配信中!/
※下記利用規約に同意のうえ、申し込みください。
1.メルマガへの登録を希望する場合、「登録」ボタンの押下で登録申し込みをするものとします。
2.登録アドレスに対し、当メルマガを配信できるものとします。
3.メルマガの内容の信頼性、正確性又は合法性等について、一切の責任を負いません。
※当ページのリンクには広告が含まれています

【米ドル(USD)】世界の基軸通貨だからFX初心者でも安心!

通貨紹介

米ドル(USD)の値動き

スキャルピング ☆☆☆☆ 大 数銭程度
デイトレード ☆☆☆☆ 大 ほぼ動かない日も
スイングトレード ★★☆☆☆ 大 安定している
中・長期保有 ★★★☆☆ 大 比較的安定している
スワップポイント ★★★☆☆ 高 FOMCをチェック
2020年3月15日の緊急利下げ以降、実質ゼロ金利が継続中

米ドル(USD)の特徴

世界の基軸通貨で初心者向け

米ドルは、世界の基軸通貨で流通量が非常に多く、世界中で売買される通貨の半分近くを占めています。大きな経済力と政治力により、かつての基軸通貨英ポンドに取って代わりました。

米ドルは世界中の貿易や資本取引で使われていて、世界各国の政府が外貨準備として保有しているので手数料が安く、換金性に優れています。

そのため、FX会社を通じてドル円を取引する際はスプレッドが1銭未満と非常に狭いところが多く、初心者が取引しやすい通貨ペアとなっています。

有事のドル買いから有事のドル売りへ

世界最大の軍事力を誇るため、戦争や紛争などが起こるとドルが買われる「有事のドル買い」という現象が起きていましたが、この前提は1991年湾岸戦争時に崩れました。米国が紛争の当事者となったことが嫌気されて、市場ではドル買いに慎重な姿勢が見られたのです。

さらに、2001年9月11日の米同時多発テロ時にはドルが一気に売り込まれ、有事のドル買いという法則は完全に終了しました。

これ以降、テロや紛争が起きるとドルが売られ、スイスフランや日本円が買われるという「有事のドル売り」となることがしばしば見られるようになってきました。また、慢性的な経常赤字に加え2008年のリーマンショックでは世界的な金融危機が発生、米ドルの信頼が揺らいています。

とはいえ、ドル円は世界で1番目に取引量が多い通貨ペア(1位はユーロドル)ので、基本的には安定した動きが多い通貨です。

基軸通貨としての地位が失われたわけではないので、ちょっとした資金の流入・流出でも、急激な変動は起こりにくく、その他の通貨ペアに比べるとドル円の情報は比較的手に入りやすいため、FX初心者が最初に取引する通貨ペアとして最適でしょう。

比較的安定した値動き、情報が多いのでFX初心者におすすめ

ドル円が上昇する3つの条件

ドルと株、米利回り、金やユーロにも注目

ドルが買われたり円安になるには、大きく3つの要因があると考えています。

1.株の上昇
2.米利回りの上昇
3.金(Gold)あるいはユーロの下落

ドルと株は連動性が高く、正の相関となっています。円安株高、円高株安と言われるように、基本的に2つセットで動きます。

もちろん、まったく同じ動きになるわけではないので、例外もあります。しかし、長い目で見れば株とドルは連動して動く傾向がありますし、株とドルが連動しなくても円売りが入ってドル円の上昇する場面も多く見られますから、為替だけでなく株式市場にも気を配ってください。

米利回りは、ドルに直接影響を及ぼします。

そのため、日本とアメリカの金利の金利差が広がれば、円が売られドルが買われて円安ドル高に、逆にアメリカの金利が下がって日本の金利との差が縮めば、円が買われドルが買われるので円高ドル安となります。

金はドル建てで取引されているので、金が売られるとドルは強くなり、金が買われるとドルが弱くなる関係にあります。

さらに、金とユーロは正の相関で連動性が見られるため、ドルとユーロは逆に動く傾向があります。

どちらかと言えば金の方が逆相関は強いのですが、個別材料が出ればユーロとの逆相関がはっきりする時期もあるので、金とユーロ両方を見るとより予測を立てやすくなります。

ドル円が上昇する3つの条件を動画で解説

【動画】ドルのトレンドを見る方法

【動画】本当は教えたくないドル円攻略法

米政策金利推移

米政策金利推移

 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2023年4.50%4.75%5.00%         
2022年0.25%0.25%0.50%0.50%1.00%1.75%2.50%2.50%3.25%3.25%4.00%4.50%
2021年0.25%0.25%0.25%0.25%0.25%0.25%0.25%0.25%0.25%0.25%0.25%0.25%
2020年1.75%1.75%0.25%0.25%0.25%0.25%0.25%0.25%0.25%0.25%0.25%0.25%
2019年2.50%2.50%2.50%2.50%2.50%2.50%2.25%2.25%2.00%1.75%1.75%1.75%
2018年1.50%1.50%1.75%1.75%1.75%2.00%2.00%2.00%2.25%2.25%2.25%2.50%
2017年0.75%0.75%1.00%1.00%1.00%1.25%1.25%1.25%1.25%1.25%1.25%1.50%
2016年0.50%0.50%0.50%0.50%0.50%0.50%0.50%0.50%0.50%0.50%0.50%0.75%
2015年0.25%0.25%0.25%0.25%0.25%0.25%0.25%0.25%0.25%0.25%0.25%0.50%
2014年0.25%0.25%0.25%0.25%0.25%0.25%0.25%0.25%0.25%0.25%0.25%0.25%
2013年0.25%0.25%0.25%0.25%0.25%0.25%0.25%0.25%0.25%0.25%0.25%0.25%
2012年0.25%0.25%0.25%0.25%0.25%0.25%0.25%0.25%0.25%0.25%0.25%0.25%
2011年0.25%0.25%0.25%0.25%0.25%0.25%0.25%0.25%0.25%0.25%0.25%0.25%
2010年0.25%0.25%0.25%0.25%0.25%0.25%0.25%0.25%0.25%0.25%0.25%0.25%
2009年0.25%0.25%0.25%0.25%0.25%0.25%0.25%0.25%0.25%0.25%0.25%0.25%
2008年3.00%3.00%2.25%2.25%2.00%2.00%2.00%2.00%2.00%1.00%1.00%0.25%

米ドルに関する主な経済指標

経済指標説明
雇用統計毎月第1金曜日22時30分(夏時間は21時30分)に米労働省が前月分を発表。プラス⇒雇用が良好、株高、金利上昇
マイナス⇒雇用が悪化、株安、金利低下
GDP速報1,4,7,10月下旬22時30分(夏時間は21時30分)に商務省経済分析局が四半期分を発表。プラス⇒経済が良好、株高、金利上昇
マイナス⇒経済が悪化、株安、金利低下
小売売上高毎月中旬22時30分(夏時間は21時30分)に商務省センサス局が前月分を発表。プラス⇒消費が良好、株高、金利上昇
マイナス⇒消費が悪化、株安、金利低下
ISM指数毎月第1営業日の日本時間24時(夏時間は23時)に米ISMが前月分を発表。50%以上⇒景気良好、株高、金利上昇
50%未満⇒景気が悪化、株安、金利低下
CPI・PPI毎月中旬22時30分(夏時間は21時30分)に労働省が前月分を発表。インフレ予想⇒株高、金利上昇
デフレ予想⇒株安、金利低下

アメリカ合衆国の概要

政策金利2.50%
首都ワシントンDC
人口3億2775万人(2018年5月 米国国勢局)
面積982.6万k㎡
1人当たりGDP62,605.59ドル(名目,2018年)
主要産業工業、農業、金融、サービス業
主要企業アップル、ボーイング、マイクロソフト、GM、シティバンク
おもな経済指標雇用統計、失業率、貿易収支、小売売上高

斉藤 学

斉藤 学

サラリーマンで働く傍ら、FXで独自の手法を開発して短期間のうちに50万円から6,900万円まで増やす。 その経験をもとに、扶桑社や成美堂出版から書籍6冊、パンローリングからDVD3本を出版。マネー雑誌への執筆やセミナー講師、投資関連ホームページやFXブログの運営、メールマガジンの発行を行っている。

一緒に読まれている記事

FX初心者おすすめ

サイバーシグナルインジケーターと6大特典プレゼント

MT4自動売買EAサイバードラゴン無料プレゼント

MT4自動売買EAサイバーラッシュ無料プレゼント

~無料プレゼント&サポート~
LINE@登録でMT4インジケーター友だち追加

おすすめFX無料攻略法

  1. 【松井証券FX】乖離トレードの必勝パターンはこれ!比較ペアチャートと100円からできるFX

  2. 【FX自動売買】底と天井で売買するFXブロードネットのトラッキングトレード

  3. 【バイナリーオプション攻略法】全勝!+497,363円の利益が出た手法とは?

  4. 【FX売買シグナル】なんと+3,102pips獲得したマネーパートナーズの未来予測

  5. 【マーケットナビ】ヒロセ通商で本日の利食い・損切りが分かる!

注目記事ランキング

  1. 1

    【サクソバンクチャート】月曜日の早朝から動く為替レート

  2. 2

    【FX売買シグナル】なんと+3,102pips獲得したマネーパートナーズの未来予測

  3. 3

    【MT4】チャート上に手書き&描画ツールインジケーター2選

  4. 4

    【サンデーダウ】土日に動く中東レートの表示方法と見方を解説

  5. 5

    保護中: 【勝率UP!】曜日や日・月別為替相場の動きでFXを見極める

  6. 6

    【MT4】「sign_alert」シグナルアラートやメール送信をしてくれるインジケーター

  7. 7

    【暴露】FXで勝ちたければ、NYダウを見ろ!

  8. 8

    【暴露】フィボナッチはインチキ、トレードで勝てない理由を解説

  9. 9

    【マーケットナビ】ヒロセ通商で本日の利食い・損切りが分かる!

  10. 10

    【原油・金】WTIとゴールドの商品レート一覧と見やすいチャート

・現在の閲覧者数:9
TOP