2024年4月22日のFX為替予想はこちら

まぐまぐ!殿堂入りメルマガ

メールアドレス
\お得な情報を毎日配信中!/
※下記利用規約に同意のうえ、申し込みください。
1.メルマガへの登録を希望する場合、「登録」ボタンの押下で登録申し込みをするものとします。
2.登録アドレスに対し、当メルマガを配信できるものとします。
3.メルマガの内容の信頼性、正確性又は合法性等について、一切の責任を負いません。
※当ページのリンクには広告が含まれています

【MT4】大損したFX自動売買のEAにブチ切れ!

MT4

【MT4】大損したFX自動売買のEAにブチ切れ、EA名も公開!

巷にあふれるインチキEAに注意!

大損したEAの実名を公開します

今回は、インチキEA、インチキFX自動売買の見分け方について解説します。

インターネット上では、よくMT4による自動売買で勝率90%以上、資産がすぐに2倍、3倍になると謳っているEA(エキスパートアドバイザー)の自動売買システムが販売、あるいは配布されています。

しかし、これらのEAの多くはインチキで、高額なものを売りつけたあとはそのままサポートセンターごと消えたり、無料でもIB(Introducing Broker)による手数料収入を当てにしたものがほとんどです。

最近では、高性能なAIを導入した画期的なシステムだと言っているものもありますが、EAを作成する言語のMQLでは比較的単純な物しか作れず、AIを作るなど夢物語です。

もしかすると、外部のサーバへアクセスするなど組み合わせて高度なシステムにすることもできるかもしれませんが、個人的にはAI自体、たいしたことはできないと考えています。

強制ロスカットの嵐で退場

インチキEA「BlackBox」

下記は、今回暴露するインチキEA「BlackBox」のリアルトレード結果です。

サポート担当者に相談したところ、「追加入金して様子を見てください」と言われたので追加入金、その後強制ロスカットされ残高がマイナスへ振りきれました。

このEAは「BlackBox」という名前ですが、販売者によって自由に名前を決めることができるそうで、別名で売られているはずなので注意してください。

20210329_mt46.gif

AIはウソの代名詞

やや都市伝説的な話として、2045年にAI、人工知能の能力が人類を超える「シンギュラリティ(技術的特異点)が到来する」と言われていますが、個人的には来ないと思っています。

なぜなら、プログラムは元をたどれば0と1の羅列なので、できることに限界があるからです。

AIや人工知能という言葉を聞くと、人間の力の及ばないところまでコンピュータは進歩したんだな、と思うかもしれませんが、全然大したことないです。

IFによる条件分岐やFORによる繰り返しで、人工知能ではないです。

AIの定義の中に機械学習も含まれている場合があるので、これをもとにAIだと行ってくる場合もありますが、厳密にはやはり異なりますから、AIと機械学習は区別して考えた方が良いと考えています。

今回は、シンギュラリティの話ではないのでこの話はまた別の機会にするとして、インチキEAの見極めと対策には、次のようなチェックと対策をやってみてください。

EAのチェック項目
  1. 恣意的なバックテスト期間
  2. 勝率が高すぎる → コツコツドカン
  3. マーチンゲールに注意
  4. パラメータ操作によるカーブフィッティング
  5. 取引回数が多い → IB目的
対策
  1. フォワードテスト(できれば1年以上)
  2. ある程度手動で停止する

資産がマイナスへ振りきれたインチキEA

ぱっと見は優秀なEA

ここでは、先日リアルトレードでライブ配信をして残高がマイナスに振りきれてしまうほどボロ負けしてしまった、インチキEA「BlackBox」を研究材料に使います。

このEAをもらった時は資産がすぐ2~3倍になる、という触れ込みでした。まずチェック項目の1つ目、恣意的なバックテスト期間について。

例えば、こちら。グラフを見ると、右肩上がりの素晴らしい出来となっています。

100万円投資して、3か月で13万円利益が出ています。下には取引履歴も表示されているので、これを見た人はすぐほしくなってしまうと思います。

20210329_mt41.gif

バックテストの期間をごまかす

ただ、これはインチキで、バックテスト期間を変えると結果が変わります。

例えば、今回は5月の結果を見せたくなかったのでわざと入れませんでした。今度は、5月の取引も入れてみます。

20210329_mt42.gif

グラフは、序盤で急落して崖のような形になって、後半にかけては先ほどのような伸びを示しています。100万円投資したとすると、40万円近く失うことになります。

レポートを見ると、プロフィットファクター0.61と、先ほどとは全く異なり損益の分岐点である1を割れてしまいました。

20210329_mt43.gif

マーチンゲール手法は絶対ダメ

いつか破たんするシステム

このシステム、一応少しずつ損切りするロジックにはなっているのですが、ポジションの取り方がマーチンゲール手法なので危険なこともあります。

マーチンゲールとは、もともとギャンブルで使われていた手法で、たとえばルーレットで赤か黒に賭けた時負けてしまったら、次にかけ金を2倍にする、というものです。

20210329_mt44.gif

例えば、ルーレットで2分の1になる場所へ$1賭け、1回目で外れたとします。

2回目に、2倍の掛け金となる$2を賭けて当たれば、$4ドルの払い戻しとなり、掛け金を除くと$+2になるため、最初の1$の損失を引けば$+1勝ったことになります。

もし、1回目、2回目も外れてしまったら-3$の損失、次に$2の2倍の4$かければ、$8の払い戻しで掛け金を除くと$+4の勝ちとなるので、$-3の損失を引けば$+1勝ちます。

このように、何回連続しても1回だけ勝利すれば一気に取り戻せる賭け方なので、ルーレット必勝法と言う人もいますが、実際には20回以上連続で赤が出ることもありますし、ルーレットでは掛け金の上限が必ず定められているので、いつか破たんします。

この手法が今回テストしているEAにも使われていて、さすがに2倍にするとリスクが高いため、倍率を抑えてロット数を増やしています。

しかし、根本的なロジックはマーチンゲールと同じなので、負けが連続するといつか破たんすることになり、それが5月に起きたというわけです。

この手のEAは非常に多く、マーチンゲールとバックテスト期間の操作を組み合わせると最強のEAが簡単に出来上がってしまうので、きれいな右肩上がりのいかにも儲かりそうなEAを見た場合は注意してください。

カーブフィッティングも邪道

ポンコツがハイスペックになるマジック

あと、バックテストを行う際、エキスパート設定からパラメーターを設定してバックテストを行うことができるので、本来は悪い結果なのに都合の良い結果へ変えてしまうこともできます。

これは、カーブフィッティングと言います

20210329_mt45.gif

テクニカル指標の値を調整したり、このEAの場合だと連敗数を設定できるのですが、こういったパラメーターの値をいじって、うまく5月のロスカットが起きないような値を探して、最強のEAに見せかけることもできます。

いずれ同じような場面が来れば、今度はロスカットされる可能性も出てくるため、この手の調整は見分けるのが難しいかもしれません。

IBにも注意

あと、今回騙されたEAのように、トレードに使用する時間足を1分足にして取引回数を多くするのも問題がある場合があります。

IBと言って、取引されればされるほど紹介者にアフィリエイト報酬の入る仕組みがあるため、必要以上に取引されるEAもあります。

単純にスキャルピングのEAであればそれほど問題はないのですが、IB目的だと無理にトレード回数を増やした分、いずれ問題の起きる可能性が出てきます。

インチキEAの見分け方とその対策

見分ける2つのポイント

では、こういった問題を解決するにはどうしたら良いか、仮にEAのロジックの詳細を聞いても、プログラムが売買するため対策にはなりません。

そこで、対策としては、①フォワードテストを行う、②手動で停止する、の2点が挙げられます。

対策
  1. フォワードテスト(できれば1年以上)
  2. ある程度手動で停止する

フォワードテストを行う

①のフォワードテストとは、バックテストではなく実際に稼働させてみてその挙動を確かめることを言います。バックテストはあくまで過去のチャートによる確認なので、本当にそう動くか分かりません。

先ほど述べたように、カーブフィッティングを行えばどうにでもごまかせます。
そこで、フォワードテストを数か月、できれば1年くらい行うことをお勧めします。

興味のあるEAが、すでにフォワードテスト済みで現在進行中なのであれば、そういったEAが良いです。

自動売買に任せっぱなしにしない

ただ、見ているとそれも2~3年で更新の途絶えてしまうものがほとんどなので、完全自動売買と言うのは難しいのだと思います。

そこで2つ目として、ある程度手動で停止する、ということをおすすめします。

EAの挙動がおかしくなるタイミングとして、米雇用統計やGDPのような重要経済指標が発表されるときや、要人発言でマーケットが荒れた時などが挙げられます。

そういったイレギュラーは基本的にEAのロジックが役に立ちませんので、人間が自分で判断して、手動で止めるしかないです。

人間の判断も入れよう

最近では、経済指標発表の前後に自動で止まるEAも出てきていますが、同じ米雇用統計でも、その時の環境や地合いで注目度の高い時と高くないときがありますので、やはり人間が判断した方が良いです。

つまり、FXの自動売買といっても、100%プログラムに頼るのではなく、そこに人間の判断も組み合わせて使っていくのが一番だと僕は考えています。

これまで色々試してみたのですが、楽をしたいから自動売買に任せっぱなしにしてしまうと必ず失敗してしまうので、やはりFXと自動売買、EAの研究は続けていかなければならないと思います。

【動画】MT4で大損したFX自動売買のEAにブチ切れ!

斉藤 学

斉藤 学

サラリーマンで働く傍ら、FXで独自の手法を開発して短期間のうちに50万円から6,900万円まで増やす。 その経験をもとに、扶桑社や成美堂出版から書籍6冊、パンローリングからDVD3本を出版。マネー雑誌への執筆やセミナー講師、投資関連ホームページやFXブログの運営、メールマガジンの発行を行っている。

一緒に読まれている記事

FX初心者おすすめ

サイバーシグナルインジケーターと8大特典プレゼント

MT4自動売買EAサイバードラゴン無料プレゼント

MT4自動売買EAサイバーラッシュ無料プレゼント

~無料プレゼント&サポート~
LINE@登録でMT4インジケーター友だち追加

おすすめFX無料攻略法

  1. 【AI(人工知能)】売買サインをお知らせ、LIGHT FXのテキストマイニングと機械学習

  2. 【150以上の取引通貨ペア!】サクソバンク証券のFX

  3. 【マーケットナビ】ヒロセ通商で本日の利食い・損切りが分かる!

  4. 【国内MT4】スプレッド最狭水準のFXTFでMT4トレードしてみよう

  5. 【FX売買シグナル】なんと+3,102pips獲得したマネーパートナーズの未来予測

  6. 【松井証券FX】乖離トレードの必勝パターンはこれ!比較ペアチャートと100円からできるFX

  7. 【FX自動売買】底と天井で売買するFXブロードネットのトラッキングトレード

注目記事ランキング

  1. 1

    【サクソバンクチャート】月曜日の早朝から動く為替レート

  2. 2

    【MT4】チャート上に手書き&描画ツールインジケーター2選

  3. 3

    【FX売買シグナル】なんと+3,102pips獲得したマネーパートナーズの未来予測

  4. 4

    【サンデーダウ】土日に動く中東レートの表示方法と見方を解説

  5. 5

    保護中: 【勝率UP!】曜日や日・月別為替相場の動きでFXを見極める

  6. 6

    【MT4】「sign_alert」シグナルアラートやメール送信をしてくれるインジケーター

  7. 7

    【暴露】FXで勝ちたければ、NYダウを見ろ!

  8. 8

    【暴露】フィボナッチはインチキ、トレードで勝てない理由を解説

  9. 9

    【原油・金】WTIとゴールドの商品レート一覧と見やすいチャート

  10. 10

    【マーケットナビ】ヒロセ通商で本日の利食い・損切りが分かる!

・現在の閲覧者数:4
TOP