2024年5月20日のFX為替予想はこちら

まぐまぐ!殿堂入りメルマガ

メールアドレス
\お得な情報を毎日配信中!/
※下記利用規約に同意のうえ、申し込みください。
1.メルマガへの登録を希望する場合、「登録」ボタンの押下で登録申し込みをするものとします。
2.登録アドレスに対し、当メルマガを配信できるものとします。
3.メルマガの内容の信頼性、正確性又は合法性等について、一切の責任を負いません。
※当ページのリンクには広告が含まれています

【暴露】FXで勝ちたければ、NYダウを見ろ!

FX応用
【暴露】FXで勝ちたければ、NYダウを見ろ!

FXなのに、NYダウをチェック?

NYダウとドル円の日足1年分を並べたチャート

実は天井と底のタイミングが同じ

FXでドル円をトレードする場合、ドル円のチャートを表示して分析するのが一般的です。それで十分事足りますし、むしろ他の余計な情報を入れないようにするかもしれません。

ところが、いくらドル円チャートを時間をかけて正確に分析しても、思った通り動かないことが多々あります。なぜなら、実際にはドル円の動きを形成しているのはドル円単独の要因ではないからです。

上記は、NYダウとドル円の日足1年分を並べたチャートですが、形やトレンドは類似、天井と底のタイミングは同じです。

この2つのチャートを重ねたものが下で、各波の天井や底も、タイミングが大体同じであることが分かります。細かいところは異なるのですが、大まかなトレンドや方向性は同じです。

つまり、ドル円チャートの分析自体意味がないというか、NYダウも見ないとダメだ、ということになります。

NYダウの方が先に動くことが多い

FXと言えばテクニカル分析が一般的で、オシレーター系やトレンド系を駆使し、チャート上にサポートラインやレジスタンスラインを引っ張てみたりすることが多いと思います。

そして、分析通り動くことがあればそうでないこともあり、マスターするのは一朝一夕にはいかないことです。テクニカル分析などは無数にあるので、ある時役立っても別の時は全くあてにならない、といった場面もよくあることです。

そんな時、下手にテクニカル分析を行うよりも、もっと相場の方向性を見極める方法が、「NYダウのチャートを見る」ことになります。

「FXをやるのに、アメリカの株なんか関係あるの?」と思われるかもしれませんが、大ありです。

それが、上で示した「米国市場の動き」で、特に米国を代表する30種類の銘柄から構成されたNYダウの動きを追っていくという方法です。ハイテク銘柄のナスダックや、代表的な500銘柄の株価指数であるS&Pも、余裕があれば見た方が良いです。

例えば、テクニカル分析でいくら強いトレンドが出ていたとしても、NYダウが反対方向に大きく動けば簡単に崩れます。

NYダウが先に動いてからドル円が動く、というパターンの方が多いのですが、FOMCでドルの政策金利について何らかの材料が出た場合は、ドル円が動いてからNYダウが反応する、というパターンも見られます。

下記に、ドル円とNYダウのリアルタイムチャートを示すので、確認してみてください。

ドル円とNYダウのリアルタイムチャート

ドル円チャート

NYダウチャート

どの相場も、結局はNYダウ(米国)次第

インチキなFX情報商材に注意

情報商材屋インフォトップ

チャート分析だけでは勝てない

「じゃあ、FXのテクニカル分析なんか、意味ないじゃん。」

はい、そうです。

資金量の多い米国市場がマーケットの大まかな流れを決めているので、「NYダウのテクニカル分析」をした方がFXに役立つんです。

もちろん、米雇用統計やGDP、小売売上高では独自の動きをすることもあるのですが、いずれ大まかな方向性はおなじになります。ドル円のチャートに線を引くだけではなぜか勝てない理由が分かってもらえたと思います。

アメリカでどんな材料が出たのか、あるいは何が起こったのか、それでどのようにNYダウが反応したのかまで確認すべきです。「いや、ドル円チャートだけで勝ってるよ」という人は、今すぐこのページを閉じてもらっても構いません。

ただ、私の知る限り、「チャートに線を引くだけで勝てる!」という類のFX情報商材で5年以上勝ち続けている人は、見たことがないです。

インフォトップで殿堂入りしているFX情報商材もありますが、あれはアフィリエイター報酬が売り上げの85%と非常に高額なので、報酬目当てで宣伝する人が多いだけです。

最近のFX情報商材の中には、「NYダウを見ながらドル円をトレードしよう!」というものも見かけます

世界は、NYダウを中心に動く

相関係数と相関関係

NYダウとドル円の相関係数も高い

話を戻しまして、FXでどうもうまく勝てないという場合は、東京時間は前日のNYダウ、ロンドン時間以降はNYダウの動きを確認してみてください。

NYダウが上昇していれば円安、下落していれば円高となる傾向があります。

ただ、的中率はNYダウが±1%と大きく動いた時が高く、そうでない場合は通常のFXによるテクニカル分析で問題ないので、「NYダウの様子を伺いつつ、ドル円チャートを分析する」という感じくらいで使うと良いでしょう。

なお、NYダウとドル円の相関係数は0.4~0.6、ドル円とクロス円の相関係数は0.4~0.8なので、クロス円のトレードでもNYダウのチェックは重要です。

日経平均株価も見てみよう

NYダウと日経平均株価

円安株高・円高株安が基本

さらに言えば、「円安株高」と「円高株安」はセットになっているので、日本株の代表指数である日経平均株価の動きもかなり参考になります。

前日のNYダウが下がっても、当日の日経平均株価が反発すれば為替は円安に振れるからです。

「円安株高」と「円高株安」のセットは、たまにずれることがあるものの、中・長期的に見ればその通り動くので、鞘取り的な使い方をしてみても面白いでしょう。

NYダウとドル円以上に、日経平均株価は連動しています。

むしろ、「ほぼ属国のようになっている(下落時は真っ先に売りたたかれる)」ので、いくら好材料が出てもNYダウが暴落すればひとたまりもありません。

前日夜のNYダウの動きで、翌日の日経平均株価の動きがほぼ決まってしまっているので、日経平均株価のチャートは窓が空いて飛び飛びになっている有様。

ほぼ同じ動き、それでいて高値が追えない軟弱な日経平均株価

ドル円と日経平均株価も同じ

ドル円と日経平均株価も同じ

NYダウとドル円、NYダウと日経平均株価のトレンドが同じということなので、当然ドル円と日経平均株価も同じ動きとなります。

ただ、ドル円の方がオーバーシュートする値幅が大きいため、長い下ヒゲの出ていることが分かります。ボラティリティが高いため判断に迷う局面ではありますが、そんな時に株式市場を確認します。

株式市場の方は、為替に比べればボラティリティは低いですから、焦らずに落ち着いて判断を下すことが可能になるのです。

ドル円と日経平均株価のチャートを重ねたところ

株式市場も見て判断材料を増やす

つまり、為替だけでなく、NYダウや日経平均株価など株式市場の動きを見ることが、為替の値動き予想につながるのです。ゆえに、為替しか見ずにFXでトレードを行っていては、トレンドが非常に読みづらいということになります。

FXになれてきたら、為替だけでなくその他の市場も一緒に観察すると勝率はより高まっていくので、ぜひ試してみてください。

ドル円とNYダウ、日本株の関係
  1. NYダウとドル円は同じトレンド
  2. NYダウと日経平均株価も同じトレンド
  3. ドル円と日経平均株価も同じトレンド
  4. いずれも天井や底のタイミングが同じ
  5. 世界はNYダウを中心に動く
  6. ゆえに「NYダウのテクニカル分析」がFXに役立つ
  7. ただし、日本株はやや弱い
為替以外のマーケットを見ることで、全体の方向性が分かる

NYダウと日経平均のチャート表示方法

NYダウのチャートを表示

NYダウと日経平均株価は当ブログの世界の株価チャートで見れるほか、XMのMT4でチャート上に表示することができます

なお、土日は為替市場が閉まっている一方、サンデーダウと呼ばれる時間外のNYダウは動いているので、週明けの値動きを先取りする意味でチェックしておくと良いでしょう。

IG証券のNYダウチャート

IG証券のNYダウチャート

XMのMT4チャート

XMのMT4チャート

【動画】ドル円が上昇する3つの条件

ドルが買われたり円安になるには、要因の一つとしてNYダウの上昇が必要と考えています。東京市場は日経平均株価が上昇すれば円安の後押しとなるものの、結局前日夜のNYダウの影響力が大きいため、NYダウを見た方が正確です。

ドル円が上昇する3つの条件
  1. 株の上昇(影響力:NYダウ > 日経平均株価)
  2. 米利回りの上昇
  3. 金(Gold)あるいはユーロの下落

【動画】今すぐドルを買うべき理由

斉藤 学

斉藤 学

サラリーマンで働く傍ら、FXで独自の手法を開発して短期間のうちに50万円から6,900万円まで増やす。 その経験をもとに、扶桑社や成美堂出版から書籍6冊、パンローリングからDVD3本を出版。マネー雑誌への執筆やセミナー講師、投資関連ホームページやFXブログの運営、メールマガジンの発行を行っている。

一緒に読まれている記事

FX初心者おすすめ

サイバーシグナルインジケーターと8大特典プレゼント

MT4自動売買EAサイバードラゴン無料プレゼント

MT4自動売買EAサイバーラッシュ無料プレゼント

~無料プレゼント&サポート~
LINE@登録でMT4インジケーター友だち追加

おすすめFX無料攻略法

  1. 【150以上の取引通貨ペア!】サクソバンク証券のFX

  2. 【FX売買シグナル】なんと+3,102pips獲得したマネーパートナーズの未来予測

  3. 【FX自動売買】底と天井で売買するFXブロードネットのトラッキングトレード

  4. 【バイナリーオプション攻略法】全勝!+497,363円の利益が出た手法とは?

  5. 【マーケットナビ】ヒロセ通商で本日の利食い・損切りが分かる!

  6. 【AI(人工知能)】売買サインをお知らせ、LIGHT FXのテキストマイニングと機械学習

  7. 【松井証券FX】乖離トレードの必勝パターンはこれ!比較ペアチャートと100円からできるFX

注目記事ランキング

  1. 1

    【サクソバンクチャート】月曜日の早朝から動く為替レート

  2. 2

    【MT4】チャート上に手書き&描画ツールインジケーター2選

  3. 3

    【FX売買シグナル】なんと+3,102pips獲得したマネーパートナーズの未来予測

  4. 4

    【サンデーダウ】土日に動く中東レートの表示方法と見方を解説

  5. 5

    保護中: 【勝率UP!】曜日や日・月別為替相場の動きでFXを見極める

  6. 6

    【MT4】「sign_alert」シグナルアラートやメール送信をしてくれるインジケーター

  7. 7

    【暴露】FXで勝ちたければ、NYダウを見ろ!

  8. 8

    【暴露】フィボナッチはインチキ、トレードで勝てない理由を解説

  9. 9

    【原油・金】WTIとゴールドの商品レート一覧と見やすいチャート

  10. 10

    【マーケットナビ】ヒロセ通商で本日の利食い・損切りが分かる!

・現在の閲覧者数:6
TOP