来週のFX予想(2024年6月17日~6月21日)

まぐまぐ!殿堂入りメルマガ

メールアドレス
\お得な情報を毎日配信中!/
※下記利用規約に同意のうえ、申し込みください。
1.メルマガへの登録を希望する場合、「登録」ボタンの押下で登録申し込みをするものとします。
2.登録アドレスに対し、当メルマガを配信できるものとします。
3.メルマガの内容の信頼性、正確性又は合法性等について、一切の責任を負いません。

2022年9月23日のFX為替相場予想

今日のFX予想
※当ページはプロモーションが含まれています
FX為替相場予想チャート

追記:ロンドン時間以降の予想

更新時間:14:56

豪ドルドル 0.6619 下落(4時間足)↓
予想レンジ 0.6580~0.6660

一目の雲を超えられませんでした。
いったん、様子見とします。

FX為替相場予想チャート

薄商いのなか、小幅に円高

東京市場は、秋分の日で休場でした。

ドル円は-20銭ほど下落、クロス円も小幅に売られています。時間外で欧州株は上昇、米国株は下落と方向感なし。

このあと、22時45分に米9月製造業PMIが発表されます。

CFD株式市場

ドル円は売りシグナル発生中

日銀による為替介入後の売りが続いています。
先が読みづらいため、ドル絡みの通貨ペアは様子見が無難そうです。

ドル円シグナルチャート

経済指標

★★★
22:45(米)9月製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)
前回:51.5 予想:51.3

本日の予想通貨ペア

豪ドルドル 0.6641 上昇 (4時間足)↑
予想レンジ 0.6610~0.6700

THV V4による分析

トリックスが同色の緑色に変わりました。
一目の雲を上抜けできるか注目。

FX為替相場予想チャート

前日の概要

NYダウは-522ドル安、日経平均株価も-159円安の27153円と下落しました。

ドル円は一時140.35円まで下押し、クロス円も全面大幅安となっています。

前日の結果

・ダウ平均 30076.68(-107.10 -0.35%)
・日経平均 26825(-205 -0.77%)
・金・ゴールド 1681.10(+5.40 +0.32%)
・原油・WTI 83.49(+0.55 +0.66%)

経済指標

★★★★★
20:00(英)イングランド銀行(BOE、英中央銀行)金利発表
前回:1.75% 予想:2.25% 結果:2.25%
★★★
21:30(米)前週分新規失業保険申請件数
前回:21.3万件 予想:21.8万件 結果:21.3万件

本日のFX戦略

相場のポイント

▽弱気材料:日銀による為替介入
△強気材料:米利回りの続伸
◆ドル円は一時140.35円まで下押し
◆クロス円は全面大幅安
◆米10年債利回りは3.714%と続伸
◆ドルストレートは方向感なし
◆米国株は引け前に売られる
◆欧州株は-1%安
◆金は+5ドル高と反発
◆原油は小幅に上昇
◆22時45分に米9月製造業PMIが発表
◆東京市場は秋分の日で休場
◆日経平均先物は-105円安の27048円
☆ドル高の地合いと予想

NYダウチャート(日足)
NYダウチャート(日足)
ナスダックチャート(日足)
ナスダックチャート(日足)

米利回りの上昇で株安に

昨晩のNYダウは終盤にかけプラスに転じましたが、引け前にまとまった売りに押され-107ドル安と続落しました。

ナスダックも、-1.37%安と売りに押されています

米利回りが3.7%台と高値更新が続いており、株式市場にとって悪材料に。

AMD-6.69%、エヌビディア-5.28%、インテル-1.41%と半導体セクターへ売り。テスラ-4.06%、ターゲット-3.82%など、個別銘柄への売りも目立ちました。

値上がり銘柄数847、値下がり銘柄数4065と、全銘柄中の77.0%が下落。

ただ、マイクロソフト+0.85%、アルファベット+0.56%など買戻しの見られる銘柄も。イーライリリーが抗がん剤承認で+4.85%、薬剤訴訟で勝訴判決を得たメルクが+3.52%と、ヘルスケア関連が全面高となっています。

テーマ別株価変動率

GAFAM +0.17%
半導体 -2.91%
旅行レジャー -3.55%
石油・エネルギー -0.52%
穀物関連 -1.26%
銀行 -1.71%
不動産 -2.86%
電気自動車(EV) -2.82%
軍需産業 -0.93%
メタバース -2.28%
暗号資産関連 -2.44%

日銀による為替介入で円高が進む

昨日のドル円は上値追いが続き、一時145.90円と年初来高値を更新しました。

しかし、<ロンドン時間に日銀による為替介入が行われたため、ドル円は一時140.35円まで下押し/span>。売り一巡後は142円台前半へ戻すなど、ボラティリティが一気に高まっています。

今回の為替介入に関し、海外からは円高は一時的で円安の流れに変化を与える可能性は低いとの評価。日本の単独介入では、効果は一時的と思われます。 米10年債利回りは3.714%と続伸しており、ドル買いの流れは止まっていません。

ただ、経団連会長は「政府は放置しないぞと表明したのは意義あること」と発言するなど、円安のスピードを抑制する効果はあったと見ています。

急速な円高により、クロス円も-1%超の全面大幅安

通貨別には、予想通り+0.5%の利上げを行ったポンドが下げ渋り。とはいえ、インフレに関し10月にピークアウトするとの見方が出たことで、今後の利上げ期待は下がっています。

米10年債利回り
米10年債利回り

商品相場は小幅に買われる

金は小幅な買いが続き、+5ドル高と反発しました。米利回りの上昇は重しですが、ロシアによる予備役の部分動員で地政学リスクが増しており、比較的買いが入りやすい様子。

1600ドル台後半で値固めしたのち、じり高になると予想しています。

原油も小幅に上昇、83ドル台へ戻しました

中国が、10月にも複数の製油所で生産量の拡大が見込まれていると報じたことで、一時86ドル付近まで上昇。しかし、景気減速懸念は根強く戻り売りに押されています。

在庫減や減産など、実需面での買い材料が必要でしょう。

金・ゴールドチャート(日足)
金・ゴールドチャート(日足)
原油・WTIチャート(日足)
原油・WTIチャート(日足)

ドル円 注文状況

ドル円板情報
ドル円板情報

日経平均先物は、時間外で-105円安の27048円と続落しました。本日の東京市場は、秋分の日で休場です。

ドル円の下値は142.00円がサポートライン、上値は142.55円や142.70円がレジスタンスライン。昨日の為替介入によるボラティリティの高まりは収まりつつあり、いったん買戻しと予想。

上昇したところでは戻り売りが出て難しい動きになるため、しばらくは様子見が無難でしょう。

経済指標

★★★
22:45(米)9月製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)
前回:51.5 予想:51.3

(休場)東京市場 秋分の日

OANDAオーダーポジション

【オープンオーダー】 オレンジ:指値注文、青:逆指値注文
【オープンポジション】 オレンジ:含み益、青:塩漬け

斉藤 学

斉藤 学

サラリーマンで働く傍ら、FXで独自の手法を開発して短期間のうちに50万円から6,900万円まで増やす。 その経験をもとに、扶桑社や成美堂出版から書籍6冊、パンローリングからDVD3本を出版。マネー雑誌への執筆やセミナー講師、投資関連ホームページやFXブログの運営、メールマガジンの発行を行っている。

一緒に読まれている記事

FX初心者おすすめ

サイバーシグナルインジケーターと8大特典プレゼント

MT4自動売買EAサイバードラゴン無料プレゼント

MT4自動売買EAサイバーラッシュ無料プレゼント

~無料プレゼント&サポート~
LINE@登録でMT4インジケーター友だち追加

おすすめFX無料攻略法

  1. 【AI(人工知能)】売買サインをお知らせ、LIGHT FXのテキストマイニングと機械学習

  2. 【FX自動売買】底と天井で売買するFXブロードネットのトラッキングトレード

  3. 【マーケットナビ】ヒロセ通商で本日の利食い・損切りが分かる!

  4. 【松井証券FX】乖離トレードの必勝パターンはこれ!比較ペアチャートと100円からできるFX

  5. 【FX売買シグナル】なんと+3,102pips獲得したマネーパートナーズの未来予測

  6. 【国内MT4】スプレッド最狭水準のFXTFでMT4トレードしてみよう

  7. 【150以上の取引通貨ペア!】サクソバンク証券のFX

注目記事ランキング

  1. 1

    【サクソバンクチャート】月曜日の早朝から動く為替レート

  2. 2

    【MT4】チャート上に手書き&描画ツールインジケーター2選

  3. 3

    【FX売買シグナル】なんと+3,102pips獲得したマネーパートナーズの未来予測

  4. 4

    【サンデーダウ】土日に動く中東レートの表示方法と見方を解説

  5. 5

    保護中: 【勝率UP!】曜日や日・月別為替相場の動きでFXを見極める

  6. 6

    【MT4】「sign_alert」シグナルアラートやメール送信をしてくれるインジケーター

  7. 7

    【原油・金】WTIとゴールドの商品レート一覧と見やすいチャート

  8. 8

    【暴露】FXで勝ちたければ、NYダウを見ろ!

  9. 9

    【暴露】フィボナッチはインチキ、トレードで勝てない理由を解説

  10. 10

    【マーケットナビ】ヒロセ通商で本日の利食い・損切りが分かる!

・現在の閲覧者数:5
TOP